鈴木が優勝、森井が2位…パラアルペンスキー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 障害者アルペンスキーのアジアカップは13日、長野県の菅平高原パインビークスキー場で開幕し、身体、知的、聴覚障害の男女大回転が行われた。

 男子座位は鈴木猛史(KYB)が優勝し、森井大輝(トヨタ自動車)が2位だった。東京パラリンピックを目指し、パラパワーリフティングに挑戦した森井は、ひじの故障もあり、今季はスキーに集中している。「両方の競技を経験し、スキーがどれだけ好きなのか、良く分かった。パワーリフティングも続けたい」と話した。

 男子の知的障害は木村嘉秀が優勝した。

無断転載禁止
1051625 0 ニュース 2020/02/13 18:52:00 2020/02/13 18:52:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

参考画像
100円割引
参考画像
5000円以上お買上で5%OFF(マイカーで御来店のお客様のみ、特価品、食料品は除く)

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ