車いすカーリング協会「北京出場、不可能ではない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本車いすカーリング協会は、16日に開いたオンライン記者会見で、2022年北京冬季パラリンピックに向けた強化方針を明らかにした。

 車いすカーリングは男女混合競技で、パラでは団体戦が行われる。日本は2010年バンクーバー以来3大会ぶりのパラ出場を狙う。日本は、来年1月にフィンランドで行われる「ディビジョンB世界選手権」で3位以内に入り、さらに3月の世界選手権(北京)で上位進出を目指す。日本協会の浪岡正行強化委員長は「本選(3月の世界選手権)で優勝すれば北京パラ出場は不可能ではない。協会が一丸となって(強化を)進めたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1553407 0 ニュース 2020/10/16 15:31:00 2020/10/16 15:31:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ