パラ大回転・女子座位、村岡桃佳が優勝…アジアカップ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 パラアルペンスキーのアジアカップ菅平高原シリーズは10日、長野・菅平パインビークスキー場で大回転が行われ、女子座位は2018年平昌ピョンチャンパラリンピック金メダリストの村岡桃佳(トヨタ自動車)が2回の合計2分8秒11で優勝した。

 村岡は前日のスーパー大回転に続いてシリーズ2勝目。技術系の種目となったこの日は「気持ち良く滑るイメージを持って、基本的には高い位置からしっかりターンすることを意識した」と振り返った。

 男子は座位が森井大輝(トヨタ自動車)、立位は三沢拓(SMBC日興証券)がそれぞれ制した。大会は来年の北京パラの出場枠を争うポイント対象レース。

スクラップは会員限定です

使い方
1900851 0 北京パラリンピック2022 2021/03/10 17:45:00 2021/10/03 13:50:46

パラリンピック 新着ニュース