読売新聞オンライン

メニュー

ブラインドサッカー代表、仏に勝利…川村が値千金のゴール

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 視覚障害者らによるブラインドサッカーの国際大会「ワールドグランプリ」が30日、東京都品川区で開幕し、日本代表は川村怜(パペレシアル品川)のゴールでフランス代表に1―0で勝利した。

前半、先制点を決めた日本代表の川村〈10〉=提供:日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄
前半、先制点を決めた日本代表の川村〈10〉=提供:日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄

 東京パラリンピックに初出場する日本は世界ランク12位。同14位のフランスを相手に、開始早々、左でパスを受けた川村がドリブルからゴール右隅に決めて先制。日本はこの1点を守り切った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本にとって約1年半ぶりの国際試合。高田敏志監督は「(5チーム総当たり方式のリーグ戦)初戦で勝ち点3を取れたのは大きい」と振り返った。川村は「いい形で味方からパスが来て、自分の得意とする形で点がとれた。理想的なゴール」と喜んだ。

無断転載・複製を禁じます
2088021 0 ニュース 2021/05/30 15:27:00 2021/05/30 17:52:54 前半、先制点を決めた日本代表の川村〈10〉(日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄提供)=提供:日本ブラインドサッカー協会/鰐部春雄撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210530-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)