読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

リオパラ「銅」辻沙絵と平昌パラ「金」村岡桃佳ら競演…男女混合ユニバーサルリレー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上の日本選手権(読売新聞社など後援)は最終日の27日、東京パラリンピック陸上で初めて実施する男女混合ユニバーサルリレー(UR)が行われた。リオデジャネイロ大会400メートル銅の辻沙絵(日体大助教)と18年 平昌ピョンチャン 冬季大会アルペンスキー金メダルの村岡桃佳(トヨタ自動車)の競演が実現した。

 URは男女2人ずつ計4人が「視覚障害」「切断と機能障害」「脳性まひ(立位)」「車いす」の順で走る400メートルリレー。この日は東京パラ代表内定選手らの2チームが出場し、辻が2走、村岡がアンカーを務めるチームが49秒17で勝利した。

 村岡は「3走の松本(武尊)さんとのタッチワークがうまく行って良かった」と喜んだ。辻は「東京パラではまず個人種目の400メートルがある。そこをしっかり調整し、リレーもタッチワークの精度を高めたい」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2159330 0 ニュース 2021/06/27 15:05:00 2021/06/27 15:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)