パラ陸上・男子5000m、唐沢剣也が世界新…「パリでは金メダルを」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京パラリンピック陸上男子5000メートル(視覚障害T11)銀メダリストの唐沢剣也(群馬県社会福祉事業団)が25日、横浜市で行われた競技会の同種目で、14分55秒39の世界新記録を樹立した。

男子5000メートル(視覚障害T11)で世界新記録を樹立した唐沢剣也(手前右)(左はガイドランナー・小林光二、日本パラ陸上競技連盟提供)
男子5000メートル(視覚障害T11)で世界新記録を樹立した唐沢剣也(手前右)(左はガイドランナー・小林光二、日本パラ陸上競技連盟提供)

 唐沢は日本パラ陸上競技連盟を通じ、「序盤から積極的に攻めることができた。3年後のパリ・パラリンピックでは金メダルを獲得したい」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2629707 0 ニュース 2021/12/25 20:09:00 2021/12/25 20:09:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211225-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)