文字サイズ

    ニュース

    打っても投げても根尾、大阪桐蔭2年連続の8強

    • 力投する大阪桐蔭の根尾(31日)=吉野拓也撮影
      力投する大阪桐蔭の根尾(31日)=吉野拓也撮影
    • 5回大阪桐蔭2死1、2塁、根尾が適時打を放つ(31日)=吉野拓也撮影
      5回大阪桐蔭2死1、2塁、根尾が適時打を放つ(31日)=吉野拓也撮影

     大阪桐蔭5―1明秀日立(3回戦=31日)――大阪桐蔭(大阪)が2年連続で8強入りを決めた。

     三回、中川の適時二塁打で1点を先制すると、五回には根尾の適時打で1点を追加。終盤にも着実に加点し、先発の根尾が完投した。

     明秀日立(茨城)は九回、細川がソロ本塁打を放ち、さらに後続が好機を作ったが、決定打が出なかった。

    2018年03月31日 11時26分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ