文字サイズ

    ニュース

    大阪桐蔭、連覇に王手…三重に十二回サヨナラ

    • 12回大阪桐蔭2死1塁、藤原(右)がサヨナラの適時2塁打を放つ(3日)=里見研撮影
      12回大阪桐蔭2死1塁、藤原(右)がサヨナラの適時2塁打を放つ(3日)=里見研撮影
    • 12回大阪桐蔭2死1塁、藤原(左)にサヨナラの適時2塁打を打たれた定本(3日)=里見研撮影
      12回大阪桐蔭2死1塁、藤原(左)にサヨナラの適時2塁打を打たれた定本(3日)=里見研撮影

     大阪桐蔭3―2三重(準決勝=3日)――三重(三重)は一回、三者凡退。

     大阪桐蔭(大阪)はその裏、得点圏に走者を進めたが、後続が倒れ、無得点に終わった。三重は三回、梶田の左前打で先制し、さらに浦口の適時三塁打で加点した。大阪桐蔭は六回、山田のソロ本塁打で1点差に迫った。大阪桐蔭は九回、小泉の右前適時打で追いつき、延長戦に入った。

     大阪桐蔭は十二回、藤原の適時打でサヨナラ勝ちし、選抜連覇に王手をかけた。

    2018年04月03日 17時15分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    アーカイブ