「湘南監督パワハラ」匿名情報、Jリーグ調査へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

磐田戦で指揮をとる湘南・チョウ貴裁監督(11日、ヤマハスタジアムで)=飯島啓太撮影
磐田戦で指揮をとる湘南・チョウ貴裁監督(11日、ヤマハスタジアムで)=飯島啓太撮影

 サッカー・J1湘南ベルマーレのチョウ貴裁(キジェ)監督(50)が、チーム内でパワーハラスメントを行った疑いがあるとして、Jリーグが調査することが分かった。湘南は13日、調査終了までチョウ監督が指導を控えることを決定、代わりに高橋健二コーチ(49)が指揮するとした。

 関係者によると、日本サッカー協会の相談窓口に7月、暴言などのパワハラ被害を訴える情報が匿名で寄せられた。リーグの法務担当弁護士らが、チョウ監督らから聞き取り調査を行う。

 湘南は13、14日の練習を非公開に変更し、13日午前、クラブ幹部が選手たちに経緯を説明した。

 韓国籍のチョウ監督は2012年から湘南を率い、18年、YBCルヴァン杯で初優勝に導いた。湘南の真壁潔会長は「リーグの調査に協力し、しっかり対応したい。監督も『全面的に調べてもらった方がいい』と話している」としている。

無断転載禁止
737640 0 サッカー 2019/08/13 10:57:00 2019/08/13 16:43:11 2019/08/13 16:43:11 磐田―湘南 磐田戦に臨む湘南・曺貴裁監督(11日、ヤマハスタジアムで)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/08/20190813-OYT1I50005-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ