16分に中島、26分には南野がゴール

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で、日本は10日、ミャンマーとアウェーで対戦、中島(ポルト)と南野(ザルツブルク)のゴールで2―0とリードして前半を折り返した。

 日本は16分、左サイドでパスを受けた中島が中に切れ込んで右足を振り抜くと、ミドルシュートがゴールに吸い込まれた。

 26分には堂安(PSVアイントホーフェン)がゴール前に浮き球のパスを送り、南野が頭で合わせた。日本2点目。

 日本の先発は以下の通り。

▽GK 権田(ポルティモネンセ)

▽DF 吉田(サウサンプトン)、冨安(ボローニャ)、長友(ガラタサライ)、酒井(マルセイユ)

▽MF 柴崎(デポルティボ)、橋本(F東京)、中島、南野、堂安

▽FW 大迫勇(ブレーメン)

無断転載禁止
788173 0 サッカー 2019/09/10 20:43:00 2019/10/09 21:00:02 2019/10/09 21:00:02

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ