FIFA元副会長、永久追放処分…汚職事件で収監中

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 AP通信などによると、国際サッカー連盟(FIFA)は12日、FIFAを巡る汚職事件で有罪判決を受けて収監中の元FIFA副会長、フアン・アンヘル・ナポウ被告(パラグアイ)を永久追放処分とし、罰金100万スイスフラン(約1億1000万円)を科した。元南米連盟会長のナポウ被告は、大会で商業上の便宜を図った見返りに数百万ドルの賄賂を受け取ったなどとして2015年に逮捕され、収賄などの罪で有罪判決を受けた。(ロンドン 岡田浩幸)

無断転載禁止
793577 0 サッカー 2019/09/13 10:51:00 2019/09/13 11:18:38 2019/09/13 11:18:38

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ