鹿島、首位F東京との直接対決制す…勝ち点差1

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

2分、先制ゴールを決める鹿島・ブエノ(中央)(14日)=飯島啓太撮影
2分、先制ゴールを決める鹿島・ブエノ(中央)(14日)=飯島啓太撮影

 J1リーグは第26節の残り7試合が行われ、2位鹿島は首位F東京との直接対決を制し、勝ち点差を1に縮めた。3位横浜Mは、広島との上位対決で3点を奪って3連勝。広島は12戦ぶりの黒星で5位に後退した。磐田に快勝した川崎は7戦ぶり白星で4位に浮上。湘南を振り切った大分、鳥栖を破ったG大阪も7試合ぶりの勝利。仙台は札幌を破り、神戸はビジャの得点などで松本に勝った。

無断転載禁止
795899 0 サッカー 2019/09/14 22:20:00 2019/09/14 22:20:00 2019/09/14 22:20:00 鹿島―F東京 前半、先制ゴールを決める鹿島・ブエノ(27)(14日、カシマサッカースタジアムで)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190914-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ