ACL、浦和4強入り…アウェーゴール数で上海上港上回る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)は17日、ホームアンドアウェー方式の準々決勝第2戦が埼玉スタジアムで行われ、J1勢の浦和は1―1で上海上港(中国)と引き分け、2戦合計3―3としてアウェーゴール数(浦和は2)で上回り、準決勝へ進んだ。4強入りは、優勝した2017年大会以来2大会ぶり4度目。前半、MF関根のクロスを合わせたFW興梠こうろきのヘディングシュートが相手GKをはじく形で決まって先制。後半に追いつかれたが、逃げ切った。18日には鹿島が広州恒大(中国)とホームで対戦する。

無断転載禁止
800385 0 サッカー 2019/09/17 21:50:00 2019/09/17 21:50:00 2019/09/17 21:50:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ