日本人サッカー観戦客に「感染疑いある」…独1部チームの試合で退去要求

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベルリン=石崎伸生】ドイツの大衆紙ビルト(電子版)などによると、独東部ライプチヒで1日に行われたサッカーのドイツ1部リーグ、ライプチヒ―レーバークーゼンの試合で、観戦に訪れた日本人の団体客が、「日本人は新型コロナウイルスに感染している疑いがある」として、スタジアムから退去させられた。

 日本人客は観戦のためスタジアムに入場したものの、試合開始約10分後に警備担当者からスタジアムから出るよう求められたという。ライプチヒは2日に声明を出し、日本人客への対応について「誤りだった」と認めて謝罪し、次の試合に招待する意向を明らかにした。

無断転載・複製を禁じます
1083277 0 サッカー 2020/03/03 02:03:00 2020/03/07 15:52:53 2020/03/07 15:52:53

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ