神戸の酒井高徳選手、新型コロナ陽性…Jリーガーで初めて

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーJ1・ヴィッセル神戸は30日、元日本代表DFの酒井高徳選手(29)が新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと発表した。Jリーガーの感染が確認されたのは初めて。

 発表によると酒井選手は25日夜に38度の発熱があり、翌日、兵庫県内の病院で急性上気道炎と診断された。28日に熱は下がったが、においを感じない症状を訴えてPCR検査を受け、30日に感染が確認された。

 クラブによると、酒井選手は25日夜から隔離されている。酒井選手は「大変情けなく思っている。いま自分から発信できるのは、ウイルスは本当にどこに潜んでいるかわからないということ」などとコメントした。

 Jリーグの村井満チェアマンは「まずは一日も早い回復を祈るばかり。全クラブと協働し、選手とご家族、お客様、そして社会を守るため、各対策に尽力していく」との談話を発表した。

無断転載禁止
1137782 0 サッカー 2020/03/30 17:56:00 2020/03/30 22:58:26 2020/03/30 22:58:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ