サッカー米女子代表の報酬格差訴訟、連邦地裁が退ける

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=佐野司】サッカー米国女子代表が、報酬などで男子との格差是正を同国サッカー連盟に求めた訴訟で、米カリフォルニア州の連邦地方裁判所は1日、選手らの訴えを退けた。米ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると連邦地裁は、過去に女子代表が基本給や手当の充実などを重視し、男子代表と同様の報酬形態を断った経緯があったと指摘。遠征時の移動や宿泊施設など、男女格差があると認められた主張については、裁判で争われることになった。

 選手らは控訴する方針で、連覇を果たした昨年の女子ワールドカップ(W杯)で最優秀選手となったラピノーは「私たちは平等のための戦いを決して止めない」と自身のツイッターで語った。

無断転載・複製を禁じます
1200288 0 サッカー 2020/05/02 20:10:00 2020/05/02 21:00:19 2020/05/02 21:00:19

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ