読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

リバプール・南野とニューカッスル・武藤、ともに無得点でプレミアリーグ終了

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=岡田浩幸】サッカーのイングランド・プレミアリーグは26日、最終節が行われ、優勝したリバプールの日本代表MF南野拓実は、敵地で行われた13位のニューカッスル戦で先発出場したが、ゴールは奪えず64分に退いた。チームは3―1で逆転勝ち。ニューカッスルのFW武藤嘉紀はベンチ入りしたが出番はなかった。

 全日程を終え、1月にザルツブルク(オーストリア)から加入した南野は、リバプールでは10試合出場で無得点に終わった。武藤は6月に新型コロナウイルスによる中断が明け、交代枠が5人に増えてもほとんど出番を得られず、8試合出場で無得点だった。

無断転載・複製を禁じます
1367515 0 サッカー 2020/07/27 09:48:00 2020/07/27 09:48:00 2020/07/27 09:48:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)