53歳カズ、川崎戦に先発出場…ゴンを超えJ1最年長記録

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

J1最年長出場記録を大幅に更新した横浜FC・三浦知良(23日、等々力陸上競技場で)=飯島啓太撮影
J1最年長出場記録を大幅に更新した横浜FC・三浦知良(23日、等々力陸上競技場で)=飯島啓太撮影

 サッカーの明治安田生命J1リーグで23日、横浜FCの元日本代表FW三浦知良が、川崎市の等々力陸上競技場で行われた川崎フロンターレ戦に53歳6か月28日で先発出場し、FW中山雅史(当時札幌、現J3沼津)が2012年に打ち立てたJ1最年長出場記録の45歳2か月1日を大幅に更新した。

 三浦はYBCルヴァン杯で8月に2試合先発していたが、リーグ戦の出場は今季初めて。横浜FCが前回J1で戦った07年以来、13年ぶりとなるJ1の舞台で、左腕にキャプテンマークを巻いた。雨の中、前線でパスを受けたり、相手選手にプレスをかけたりと奮闘し、56分で交代した。

 三浦は試合後、「責任を持ったプレーをしたいと思ってグラウンドに立った。(13年ぶりのJ1出場に)横浜FCに関わっているみんなに感謝したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1496428 0 サッカー 2020/09/23 17:21:00 2020/09/24 05:30:31 2020/09/24 05:30:31 川崎―横浜C 前半、パスを出す横浜C・三浦(23日、等々力陸上競技場で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/09/20200923-OYT1I50065-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ