今年初のフル代表招集、久保や南野ら「全員海外組」…オランダで国際親善試合

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本サッカー協会は1日、オランダ・ユトレヒトでカメルーン、コートジボワールとの国際親善試合に臨む日本代表25人を発表した。主力の南野、吉田、柴崎らが順当に選ばれ、所属クラブで出場機会のないMF中島(ポルト)はメンバーから外れた。帰国後に隔離が必要となるJリーグ勢の招集は見送られ、初めて全員が海外組で構成された。

 ワールドカップ(W杯)2次予選を戦っていた日本代表は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月以降の活動がすべて中止、延期となった。フル代表の試合は今年初めて。森保監督は「代表の活動ができる喜びを持って臨みたい。基本的なコンセプト(基本概念)の確認や意思統一を図りたい」と狙いを語った。

 唯一の初選出となった菅原や19歳の久保ら23歳以下の東京五輪世代から7人が選ばれ、五輪代表コーチ陣も同行。森保監督は「経験豊富な選手と融合させながら、五輪に向けた活動につなげたい」と話した。

 試合は9日午後2時(日本時間午後9時)からカメルーン戦、13日午後4時45分(同午後11時45分)からコートジボワール戦が行われる。2試合とも無観客で実施される。

メンバーは次の通り

▽GK 川島(ストラスブール)、権田(ポルティモネンセ)、シュミット(シントトロイデン)

▽DF 長友、酒井(以上マルセイユ)、吉田(サンプドリア)、室屋(ハノーバー)、植田(セルクル・ブルージュ)、安西(ポルティモネンセ)、板倉(フローニンゲン)、冨安(ボローニャ)、菅原(AZアルクマール)

▽MF 原口(ハノーバー)、柴崎(レガネス)、遠藤(シュツットガルト)、伊東(ヘンク)、南野(リバプール)、鎌田(フランクフルト)、中山(ズウォレ)、三好(アントワープ)、堂安(ビーレフェルト)、久保(ビリャレアル)

▽FW 岡崎(ウエスカ)、大迫(ブレーメン)、鈴木(ベールスホット)

無断転載・複製を禁じます
1514459 0 サッカー 2020/10/01 14:52:00 2020/10/01 19:52:09 2020/10/01 19:52:09

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ