読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コンサドーレのペトロビッチ監督、帰国中に左脚骨折…全治5週間以上

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ペトロビッチ監督
ペトロビッチ監督

 サッカーJ1、北海道コンサドーレ札幌は16日、オーストリアに帰国中のミハイロ・ペトロビッチ監督(愛称ミシャ)(63)が左脚を骨折し、チームへの合流が遅れると発表した。

 クラブによると、ペトロビッチ監督は今月2日(現地時間)、外出中に転倒して左太ももを骨折し、同国内の病院で手術を受けた。現在は退院し、自宅で療養中という。

 チームは18日から1次キャンプが沖縄でスタートする予定で、2月途中からは熊本で2次キャンプを行う。リーグ戦の開幕は2月27日で、ホーム・札幌ドームで横浜FCと対戦することが決まっている。

 三上大勝ゼネラルマネジャー(GM)によると、ペトロビッチ監督は全治5週間以上とみられ、合流は早くても2月20日頃の熊本キャンプ中となる。開幕に間に合わないことも想定して準備を進めており、監督不在の間は四方田よもだ修平ヘッドコーチを中心に活動するという。

 宮沢裕樹選手は「早く元気な姿で戻ってきてほしいと、選手一同、思っている。自分たちはチーム一丸となって、開幕に向けてトレーニングしていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1776002 0 サッカー 2021/01/17 10:08:00 2021/01/17 10:25:49 2021/01/17 10:25:49 昨年のホーム最終戦であいさつするコンサドーレのペトロビッチ監督(12月5日、札幌ドームで)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/01/20210117-OYT1I50012-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)