読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

川崎は大分下し首位キープ、名古屋はF東京と引き分け開幕7連勝逃す…J1

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

66分、浦和・槙野(手前)が勝ち越しのPKを決める(3日)=飯島啓太撮影
66分、浦和・槙野(手前)が勝ち越しのPKを決める(3日)=飯島啓太撮影
後半、ヘディングシュートを放つ福岡・ファンマ〈9〉(3日)=中司雅信撮影
後半、ヘディングシュートを放つ福岡・ファンマ〈9〉(3日)=中司雅信撮影
後半、激しく競り合うG大阪・パトリック(左から2人目)(3日)=金沢修撮影
後半、激しく競り合うG大阪・パトリック(左から2人目)(3日)=金沢修撮影

 サッカー・J1リーグ(3日)――第7節の8試合が行われ、川崎は大分を下し、首位を守った。名古屋はF東京と引き分け、開幕7連勝を逃した。札幌は福岡を破り、開幕節以来の勝利。浦和は鹿島に競り勝ち、神戸は仙台に快勝した。仙台は5連敗。横浜Mと湘南、広島とG大阪、横浜Cと柏は、それぞれ引き分けた。

無断転載・複製を禁じます
1958809 0 サッカー 2021/04/03 16:26:00 2021/04/03 22:07:29 2021/04/03 22:07:29 浦和―鹿島 66分、勝ち越しのPKを決める浦和・槙野(3日、埼玉スタジアムで)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/04/20210403-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)