読売新聞オンライン

メニュー

J2山形、新監督にクラモフスキー氏…初の外国人監督「クラブの前進に全力注ぐ」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

クラモフスキー氏(モンテディオ山形提供)
クラモフスキー氏(モンテディオ山形提供)

 サッカーJ2・モンテディオ山形は30日、新監督に豪州出身のピーター・クラモフスキー氏(42)が就任すると発表した。クラブ初の外国人監督となる。

 クラモフスキー氏は、豪州リーグのパース・グローリーやメルボルン・ビクトリーなどのコーチを歴任。2017~18年には、U―17(17歳以下)豪州代表の指揮を執った。

 国内では、2019年にJ1横浜F・マリノスのヘッドコーチとして、リーグ優勝に貢献。昨季はJ1清水エスパルスを率いたが、成績不振でシーズン途中に契約解除された。

 クラモフスキー氏はクラブを通じ、「クラブの前進に全力を注ぎ、選手たちの最大限のプレーを引き出していく」とコメントした。今後、就労ビザ取得などの手続きを済ませ、監督に就任する。

 山形は今季、2勝4分け4敗で22チーム中15位と苦戦。石丸清隆前監督(47)を4月21日付で解任した。

無断転載・複製を禁じます
2031579 0 サッカー 2021/05/05 21:10:00 2021/05/05 21:10:00 2021/05/05 21:10:00 ピーター・クラモフスキー氏(モンテディオ山形提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210501-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)