読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

マルセイユの酒井宏樹、日本復帰へ…J1浦和と入団交渉

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ロシアW杯セネガル戦でプレーする酒井宏樹(2018年6月24日)
ロシアW杯セネガル戦でプレーする酒井宏樹(2018年6月24日)

 サッカー日本代表DFの酒井宏樹(31)が、フランス1部リーグの強豪マルセイユを今季限りで退団し、9年ぶりに日本復帰の意向を固めたことが9日、わかった。関係者によると、主にJ1浦和と入団の交渉を行っている。

 酒井は2012年、J1柏からドイツのハノーバーに移籍。16年に加入したマルセイユでは中軸としてプレーし、18~19年シーズンには、サポーターによるクラブ年間最優秀選手に選出された。日本代表としては14、18年のワールドカップ(W杯)に出場するなど、64試合出場、1得点。12年ロンドン五輪に続き、今夏の東京五輪では、オーバーエージ枠として2度目の五輪出場が有力となっている。

無断転載・複製を禁じます
2039888 0 サッカー 2021/05/10 08:00:00 2021/05/10 08:29:09 2021/05/10 08:29:09 サッカー・第21回ワールドカップロシア大会。日本2―2セネガル。セネガル戦の酒井宏樹(左)。ロシア・エカテリンブルクで。2018年6月24日撮影。同年7月4日朝刊掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/05/20210510-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)