読売新聞オンライン

メニュー

森保J、控え組でもキルギスに完勝…オナイウ3得点

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選、日本代表―キルギス代表が15日夜、パナソニックスタジアム吹田(大阪)で行われ、FWオナイウが前半で3得点を挙げるなどした日本が5-1で完勝した。日本は2次予選を8戦全勝で終え、今秋にも始まる最終予選に臨む。

27分、先制のPKを決め、喜ぶオナイウ(15日)=東直哉撮影
27分、先制のPKを決め、喜ぶオナイウ(15日)=東直哉撮影

 既に最終予選進出を決めていた日本は、先発メンバーを大幅に変更。これまで出場機会に恵まれていなかった選手にとっては、重要なアピールの場となった。

 【経過】

 立ち上がりから、日本が優勢で、たびたびゴールに迫る。

 12分、浅野が左サイドを駆け上がり、グラウンダーのクロス。原口がスルーし、オナイウが右足を振ったがうまくヒットせず。

 15分、オナイウがロングシュートを放つが、バーの上を越える。

 26分、右からの山根のクロスにオナイウが飛び込み頭で合わせたが相手DFがハンドで防ぐ。

 27分、PKをオナイウが落ち着いてゴール左にけり込んだ。

 31分、川辺がドリブルで右サイドを上がり、ゴール前に鋭いクロス。走り込んだオナイウが流し込んで2点目を挙げた。

 33分、左サイドの小川からのクロスを、オナイウがフリーでヘディングシュート。早くもハットトリックを達成した。

 ロスタイム、ドリブルでペナルティーエリアに攻め込む相手選手を守田が倒して与えたPKを決められる。

 前半終了。

 65分、川辺が強烈なミドルシュート。GKがはじいたボールをさらに浅野がシュートするが、枠をとらえられない。

 72分、山根がゴール正面からシュートを放つが、相手DFに当たったうえ、GKに防がれる。

 72分、坂元の右CKから途中出場の佐々木(広島)が、相手DFと競り合いながらも頭で合わせて、チーム4点目。

 77分、抜け出してGKと一対一になった浅野が落ち着いて右足でゴール右にけり込み、5点目を挙げた。

     ◇

 先発メンバーは次の通り。原口(ウニオン・ベルリン)がキャプテンマークを巻いた。

 ▽GK 川島(ストラスブール)▽DF 昌子(G大阪)、小川(F東京)、中谷(名古屋)、山根(川崎)▽MF 守田(サンタクララ)、原口(ウニオン・ベルリン)、坂元(C大阪)、川辺(広島)▽FW オナイウ(横浜M)、浅野 

無断転載・複製を禁じます
2126429 0 サッカー 2021/06/15 19:35:00 2021/06/15 22:37:02 2021/06/15 22:37:02 【W杯カタール大会アジア2次予選・日本対キルギス】 前半、先制のPKを決め、喜ぶオナイウ(15日、パナソニックスタジアム吹田で)=東直哉撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/06/20210615-OYT1I50104-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)