読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

サッカーW杯「2年ごと開催」案、合意目指し12月に会合

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【チューリヒ(スイス)=岡田浩幸】国際サッカー連盟(FIFA)は20日、現在は4年に一度行われているワールドカップ(W杯)を2年ごとに開催する改革案について、加盟協会などと協議し、合意を目指す会合「グローバル・サミット」を12月20日にオンラインで実施すると発表した。FIFAは現在のサッカー界の日程(カレンダー)の全面的な見直しを検討しており、W杯の隔年開催を主張している。

 またFIFAはこの日、クラブ世界一を決めるクラブW杯の2021年大会を22年の早い時期にアラブ首長国連邦(UAE)で開催すると発表した。同大会は今年12月に日本で開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で断念していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2458864 0 サッカー 2021/10/21 04:49:00 2021/10/21 04:49:00 2021/10/21 04:49:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)