[Evening Football]ACミラン・インテル本拠地 サンシーロ 解体に賛否

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

古い箱物/母校のよう「寂しい」

 イタリア・ミラノのサンシーロスタジアムはACミラン、インテル・ミラノの本拠地として親しまれてきた。1920年代に建てられてから改修を重ねてきたが、老朽化は否めない。ロイター通信によると、同国の文化財担当省は昨年「保存すべき重要性はない」とし、取り壊して新スタジアムを作る計画が進む。幾多の名勝負の舞台が建物としてはただの古い箱物、という判断には地元で賛否があるという。

名門クラブの本拠地として長くファンに親しまれているサンシーロ競技場(イタリア・ミラノで)=岡田浩幸撮影
名門クラブの本拠地として長くファンに親しまれているサンシーロ競技場(イタリア・ミラノで)=岡田浩幸撮影

 近年はトットナム(イングランド)などが新スタジアムに移った。収容人数が増え、快適性や安全性は向上した。他のイベントを誘致でき、収益面のメリットも大きい。一方で旧競技場の雰囲気を懐かしむファンもまた多い。サンシーロ近くの飲食店で働くニコロ・フォージさん(36)は「小さい頃から通い、母校のようなもの。残す価値がないと言われるのは寂しい」と残念がった。

 伝統を守りつつ、時代に合わせて変わることは難しい。近代五種では馬術を五輪の実施種目から外し、「低コスト」「都会的で若い世代に魅力的」などの条件を満たす新種目の採用を目指すが、選手らは「競技の本質が失われる」と反発する。

 国際サッカー連盟のワールドカップ(W杯)隔年開催案に対し、OBらは「W杯の威厳が損なわれる」と批判的だ。国際オリンピック委員会は、他競技のスポンサーや放映権収入に及ぼす影響を懸念し、こちらも商業面と伝統が絡み感情的な応酬が続く。

 いずれの判断も、その是非は後世に委ねられる。フォージさんには3歳の息子がおり、「新スタジアムが彼の母校になってほしい」と願う。そのために、今は議論を尽くさなければならない。(岡田浩幸)

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
2544189 0 海外サッカー 2021/11/24 15:00:00 2022/04/27 10:43:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211124-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)