解禁検証中の声出し応援、浦和サポーターが2試合で「フライング」…クラブへの処分諮問

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

野々村芳和チェアマン
野々村芳和チェアマン

 サッカー・J1の浦和は5日、第19節のG大阪戦(2日・パナスタ)でJリーグの新型コロナウイルス対応ガイドラインにより禁止されているサポーターの声出し応援があったと発表した。Jリーグでは段階的な声出し応援の再開に向けて運営検証を実施中だが、この試合は対象となっていなかった。浦和はクラブ公式サイトで「Jリーグに関わる全ての皆様のこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識している」と謝罪し、再発防止を掲げた。

ガストなど100店舗閉店へ、バーミヤンで値上げも「予想以上のコスト上昇」

 Jリーグは同日、臨時実行委員会を開催。終了後にオンライン取材に応じた野々村芳和チェアマンは、2試合で同様の問題があったとし、浦和に上限2000万円の罰金などペナルティーを科すよう、裁定委員会に諮問する方針を示した。同種の事案が起きた場合は、無観客試合や勝ち点 剥奪はくだつ といった厳罰の可能性にも言及した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3143431 0 サッカー 2022/07/05 21:45:00 2022/07/05 21:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220705-OYT1I50151-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)