低迷するJ1神戸が今季4人目の監督、3度目の吉田孝行氏が就任…「一致団結で」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

吉田孝行氏
吉田孝行氏

 サッカーJ1神戸は29日、ロティーナ監督(65)を解任し、後任に強化部の吉田孝行氏(45)が就くと発表した。最下位に低迷する神戸にとって今季4人目の監督となる。

 スペイン出身のロティーナ監督は、開幕から9戦未勝利だった4月上旬に就任。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグを突破したが、リーグ戦は2勝1分け6敗と苦しんでいた。吉田氏がシーズン途中に神戸の指揮を託されるのは2017年、19年に続き3度目。「一致団結し、難局に立ち向かうことが必要」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3125190 0 Jリーグ 2022/06/29 21:37:00 2022/06/29 21:37:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220629-OYT1I50152-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)