雨の国立競技場に6万3638人

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 サッカーの国際親善試合「日本代表対ブラジル代表」が6日、国立競技場で行われた。現在世界ランキング1位のブラジルはW杯最多となる5度の優勝を誇る強豪で、ネイマール選手(パリ・サンジェルマン)ら世界的なスターを擁している。チケットは前売りで完売し、6万3638人が来場した。

森保J 初戦6発大勝 E1選手権
サッカー日本代表対ブラジル代表の試合を見守る大勢の観客(6日午後、国立競技場で)=里見研撮影
サッカー日本代表対ブラジル代表の試合を見守る大勢の観客(6日午後、国立競技場で)=里見研撮影

 両チームともに11月に開幕するワールドカップ(W杯)カタール大会の出場権を獲得している。本大会をにらんだ強化試合の一つで、2017年11月以来5年ぶりの対戦。満員の観衆は、強い雨が降る中で真剣勝負を繰り広げる選手を手拍子などで応援した。試合は日本が0―1で敗れた。

前半、ボールを奪い合う中山(右)とネイマール(6日)=飯島啓太撮影
前半、ボールを奪い合う中山(右)とネイマール(6日)=飯島啓太撮影

 国立競技場の座席数は東京五輪時の6万席から、今年4月に6万8000席へ改修されている。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3061838 0 サッカーワールドカップ 2022/06/06 22:10:00 2022/06/06 22:10:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/06/20220606-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)