日本代表MF守田英正、ポルトガルの名門スポルティングに移籍

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=平地一紀】サッカーのポルトガル1部リーグ、サンタクララの日本代表MF守田英正(27)が、同リーグの名門スポルティングに移籍することが1日、両クラブから発表された。

サッカー日本代表の強化試合、9月に独デュッセルドルフで…W杯メンバー決定前で最後
守田英正
守田英正

 スポルティングによると契約は2026年までで、契約解除には4500万ユーロ(約64億円)が必要との条項があるという。守田は同クラブを通じ、「ポルトガルに来たときからスポルティングでプレーしたいと思っていた」と喜びを表した。

 守田は大阪府高槻市出身で、流通経大卒業後、J1川崎に加入。川崎でJ1リーグと天皇杯の2冠に貢献した直後の21年1月、サンタクララに移籍した。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
3133516 0 海外サッカー 2022/07/02 13:06:00 2022/07/04 17:02:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)