稀勢の里、御嶽海と初日対戦…2日目は逸ノ城

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲初場所(13日初日)の取組編成会議が11日、両国国技館で開かれ、初日と2日目の取組が決まった。

 進退を懸けて土俵に上がる稀勢の里の対戦相手は、初日が小結御嶽海、2日目は平幕の逸ノ城と決まった。過去の対戦成績は、御嶽海と6勝1敗、逸ノ城とは8勝6敗。

 ともに全休明けの2横綱は、白鵬が初日に小結妙義龍、2日目は栃煌山と対戦。鶴竜は栃煌山と初日に顔が合い、2日目は御嶽海の挑戦を受ける。先場所優勝の新関脇貴景勝は初日が正代戦。高安、豪栄道、栃ノ心の3大関も初日から出場し、十両以上の休場者はいなかった。

10011 0 大相撲 2019/01/11 11:28:00 2019/01/21 12:04:00 2019/01/21 12:04:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ