「神聖な土俵」入れ墨や験担ぎのひげ、禁止に

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は土俵上のルールなどを定めた相撲規則の力士(競技者)規定を改定し、伸びた爪、入れ墨、過度な験担ぎによるひげなどを禁止する項目を加えた。従来、師匠らが口頭で注意していたことを、明文化して徹底するのが狙い。26日、大阪市内で行われた力士会で関取衆に伝えた尾車事業部長(元大関琴風)は「神聖な土俵だから、お客さんが見苦しくないよう、きちんとやろうということ」と説明。このほか、サポーターやテーピングも目立たない色のものを装着するよう求めたという。

463914 0 大相撲 2019/02/26 18:44:00 2019/02/26 22:53:28 2019/02/26 22:53:28

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ