両横綱、無傷で勝ち越し…高安は玉鷲下して7勝

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

正代(下)を引き落としで下した白鵬(14日)=宮崎真撮影
正代(下)を引き落としで下した白鵬(14日)=宮崎真撮影

 大相撲名古屋場所8日目(14日・愛知県体育館)――両横綱が無傷で勝ち越した。白鵬は正代に寄りを残されたが、引き技で土俵にはわせ、鶴竜は大栄翔を難なくはたき込んだ。豪栄道が休場して1人大関となった高安は、玉鷲との激しい攻防を制して7勝。新小結同士の対戦は、阿炎が竜電を引き落とした。

無断転載禁止
690967 0 大相撲 2019/07/14 19:55:00 2019/07/14 19:55:48 2019/07/14 19:55:48 大相撲名古屋場所 8日目 正代(下)を引き落としで下した白鵬(7月14日、愛知県体育館で)=宮崎真撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190714-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ