関取最年長、安美錦が幕下転落…在位記録途切れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元関脇で、関取最年長40歳の十両安美錦が10日目も休場することが決まり、来場所の幕下転落が確実となった。2日目に古傷の右膝を痛めて途中休場し、十両残留の目安となる6勝に届かないことが確定した。

 15日の朝稽古に姿を見せた安美錦は「今、できることを一生懸命やっている」と話した。師匠の伊勢ヶ浜親方(元横綱旭富士)は「まだ右足を上げるのがやっと」と状態を説明した。

 今場所で関取在位が歴代最多の魁皇と並ぶ117場所となっており、陥落となれば2000年初場所の新十両以来、19年以上守り続けてきた関取の座を失う。

無断転載禁止
691909 0 大相撲 2019/07/15 21:23:00 2019/07/15 22:03:11 2019/07/15 22:03:11

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ