鶴竜、琴奨菊を退け11連勝…新小結の竜電は負け越し

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

琴奨菊(手前)を突き倒しで下した鶴竜(17日)=佐藤俊和撮影
琴奨菊(手前)を突き倒しで下した鶴竜(17日)=佐藤俊和撮影

 大相撲名古屋場所11日目(17日・愛知県体育館)――単独首位の鶴竜は、琴奨菊の寄りをしのいで突き倒しで退け、無傷の11連勝。高安が休場して4大関不在となり、鶴竜を1差で追う白鵬は不戦勝ちで勝ち星を2桁に乗せた。平幕の友風と照強はともに9勝。新小結の竜電は負け越した。

無断転載禁止
695218 0 大相撲 2019/07/17 18:02:00 2019/07/17 20:31:20 2019/07/17 20:31:20 鶴竜が突き倒しで琴奨菊(手前)を下す(17日午後5時55分、愛知県体育館で)=佐藤俊和撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190717-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ