鶴竜、左膝痛め休場「力が入らない」…横綱不在場所に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲の横綱鶴竜関(34)が、左膝のけがのため両国国技館で開催中の秋場所8日目の15日から休場した。今場所は白鵬関(34)も2日目から休んでおり、両横綱がそろって土俵から姿を消す事態となった。横綱不在は今年初場所以来。

 名古屋場所に続く連続優勝を目指し、場所前から好調さが伝えられていた鶴竜関だったが、前日まで平幕に3日連続で金星を与える不振だった。鶴竜関は夏巡業の頃から膝に違和感があったと説明し、「(3連敗した)ああいう相撲を取り続けるのも良くない。(横綱は)ただ出ればいいというわけではない」などと話した。看板でもある横綱の不在に、八角理事長(元横綱北勝海)は「本当に申し訳ない」と謝罪した。

無断転載禁止
796395 0 大相撲 2019/09/15 08:40:00 2019/09/15 21:08:24 2019/09/15 21:08:24

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ