新弟子を鶏扱いし「コケ」と返事強要…貴ノ富士に自主引退促す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は26日、両国国技館で理事会を開き、付け人の序二段力士に暴力を振るった十両の貴ノ富士関(22)に対し、自主引退を促すことを決議した。貴ノ富士関が昨年春場所中にも付け人を殴って1場所の出場停止処分を受けた点を重く見たが、22歳と若く今後の人生が長いことを考慮し、懲戒は見送った。

 相撲協会によると、貴ノ富士関は8月31日、付け人が風呂に入った際の態度に腹を立て、拳で付け人の額を1回殴打。5~7月頃には4人の新弟子に対して差別的発言を繰り返したほか、「地鶏」「ひよこ」などと呼び、鶏のように「コケ」と返事することを強要した。

 協会が定めた関取の暴力に対する処分基準では出場停止1場所を軸に情状などを考慮するとしているが、協会のコンプライアンス委員会(委員長=青沼隆之・元名古屋高検検事長)は、〈1〉貴ノ富士関が昨秋、「暴力を振るった際には引退する」旨の誓約書を師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)に提出していた〈2〉差別的発言が悪質〈3〉暴行を契機に新弟子が部屋から逃げた――などと認定。処分案として懲戒にあたる「引退勧告」を答申したが、理事会は貴ノ富士関の将来を考慮し、自ら引退を促すこととした。引退しない場合は、コンプラ委に追加答申を委嘱し、処分を検討する。

 決議に対して貴ノ富士関は「考えます」と態度を保留し、代理人弁護士は「到底納得できる処分ではない」とのコメントを発表した。

 また、貴ノ富士関の双子の弟の幕内貴源治関(22)は、新弟子に理不尽な命令を繰り返したとして「けん責」の懲戒処分。千賀ノ浦親方は監督責任を問われて6か月間20%の報酬減額処分となった。

無断転載禁止
815085 0 大相撲 2019/09/26 21:28:00 2019/09/26 21:28:00 2019/09/26 21:28:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ