大相撲・三段目の勝武士がコロナで死去、28歳…受け入れ先見つからず症状悪化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

勝武士
勝武士

 大相撲の三段目力士の勝武士(しょうぶし)(本名・末武清孝=すえたけ・きよたか=、山梨県出身、高田川部屋)が13日、新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため都内の病院で死去した。28歳だった。日本相撲協会が発表した。新型コロナウイルス感染で日本のプロスポーツ選手が死亡するのは初めて。厚生労働省によると、国内で20歳代の死亡者はこれまで同省に報告されていないとしている。

 相撲協会によると、末武さんは4月4日ごろに発熱症状がみられたが、受け入れ先の医療機関が見つからず、同8日に都内の病院に入院。症状が悪化し、PCR検査で10日に陽性が確認された。その後も入院して治療を受けていた。

 末武さんが所属する高田川部屋では、師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)らも感染していたが、親方らは既に退院した。相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと思います」との談話を発表した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1217839 0 大相撲 2020/05/13 12:36:00 2020/05/14 13:29:23 2020/05/14 13:29:23 勝武士 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200513-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)