全力士・行司ら1000人に「抗体検査」…週明けから検査始め6月中に結果

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会が、全力士のほか、行司、呼び出し、床山ら裏方を含めた全協会所属員約1000人を対象に、新型コロナウイルスの感染歴を調べる「抗体検査」を実施することが13日、わかった。週明けから検査を始め、6月中に結果が出そろう予定。日本のスポーツ界で大規模な抗体検査が行われるのは初めて。

国内のコロナ新規感染3万6903人…大阪府が全国最多の3932人

 相撲協会は緊急事態宣言の延長を受け、5月の夏場所(東京・両国国技館)を中止し、会場を名古屋から東京に移して無観客で7月場所開催を目指している。協会は検査によって感染状況を把握し、場所開催への対策に役立てたい考えだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1218156 0 大相撲 2020/05/13 14:56:00 2020/05/13 18:23:16 2020/05/13 18:23:16 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/05/20200513-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)