稀勢の里と「浅からぬ縁」の女流講談師、語りたい「明るい大相撲」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 無観客開催ながら大相撲7月場所が19日に初日を迎える見通しだ。女流講談師の一龍斎貞寿さんも、4か月ぶりの本場所を心待ちにする。講談には力士伝があり、江戸の谷風、雷電の歴史ものから、千代の富士、白鵬、稀勢の里という現代版まで知識と興味は尽きることがない。愛着のある相撲への思いを聞いた。(編集委員 三木修司)

左から、稀勢の里(2017年春場所)、二ツ目時代に高座を勤める一龍斎貞寿さん(2016年11月)、千代の富士(1981年春場所)
左から、稀勢の里(2017年春場所)、二ツ目時代に高座を勤める一龍斎貞寿さん(2016年11月)、千代の富士(1981年春場所)

苦難、感動、涙「そこに因果」

 ――元横綱稀勢の里(荒磯親方)とは浅からぬ縁があると聞いています。

 「稀勢の里新横綱の場所が2017年3月の春場所です。私の真打ち昇進がその年の4月1日。私がファンと知る友人、知人からの祝福メールは圧倒的に横綱昇進の話。『あと1勝がなぜ勝てない』とずーっと待った初優勝が同年1月。我が事のように喜んだ。その春に大胸筋を痛め、なおも土俵に上がる稀勢の里。もうやめてと願う傍ら、必死に土俵を務める新横綱。貴乃花の感動劇に通じるあの賜杯は号泣だった」

 ――講談調ですね。稀勢の里はよき題材ですか。

 (ここから先は読者会員のみ見られます。こちらでログイン・会員登録をお願いします)

無断転載・複製を禁じます
1335268 0 大相撲 2020/07/10 09:00:00 2020/07/11 13:14:55 2020/07/11 13:14:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/07/20200709-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ