ちゃんこの運び方注意、顔面殴打…パワハラ中川親方の降格処分と部屋閉鎖決定

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は13日の理事会で、弟子3人に対して暴力や暴言を繰り返していたとして、中川親方(54)(元幕内旭里)を委員から平年寄へ2階級降格の懲戒処分にするとともに、同親方が師匠を務めていた中川部屋(川崎市)を閉鎖することを決めた。

 相撲協会の発表によると、中川親方は昨年夏、弟子に帯の結び方を注意した際に頭を拳で殴ったほか、今年2月には別の弟子に対し、ちゃんこをこぼさず運ぶように注意した際に顔面を殴打。さらに3月には別の弟子に対して、荷物の配送手続きの不手際をとがめて背中を蹴るなどした。3人に対しては、日常的に「殺すぞ」「首にするぞ」などと暴言も繰り返していたという。協会の内部通報窓口に訴えがあり、発覚した。

 調査した協会のコンプライアンス委員会は師匠としての責任を重視し、「部屋を運営させるべきではない」と指摘。一方で親方が謝罪し、被害を受けた弟子も厳罰を望んでいないとして、降格処分が妥当とする意見を八角理事長(元横綱北勝海)に答申した。

 八角理事長は「指導者の暴力は一番あってはならないこと。今後もこのようなことのないよう、具体的な再発防止強化策を講じます」とのコメントを発表した。

無断転載・複製を禁じます
1339186 0 大相撲 2020/07/13 20:59:00 2020/07/13 21:24:47 2020/07/13 21:24:47

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ