無断外出し「夜の店」出入りの阿炎、出場停止3場所と報酬減額…引退届は協会預かり

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲7月場所中に接待を伴う「夜の店」に出入りし、場所を途中休場した幕内の阿炎あび関(26)(錣山しころやま部屋)について、日本相撲協会は6日の理事会で、出場停止3場所と報酬減額(5か月50%)の懲戒処分を下した。阿炎関から提出された引退届については協会預かりとし、今後、協会に迷惑をかける行為をした場合は受理する、住居を移して師匠の錣山親方(元関脇寺尾)の直接的な監督下に入る――などの条件をつけた。

 協会の発表によると、新型コロナウイルス感染防止対策の指針で全協会員に不要不急の外出自粛が求められていた中、阿炎関は錦戸部屋の関取経験者の幕下力士(24)とともに、場所前と場所中の計4回、無断外出して接待を伴う飲食店に出入りしていた。阿炎関は協会の調査に対し、店に行った回数についてうそをつき、同行した幕下力士に口裏合わせを働きかけていたという。協会は阿炎関について「無自覚で軽薄な行為は到底許し難い」などと指摘。引退届の提出で反省の様子は見られるとしたが、「出場停止の懲戒処分が相当」と結論づけた。

無断転載・複製を禁じます
1393263 0 大相撲 2020/08/06 18:15:00 2020/08/07 00:16:26 2020/08/07 00:16:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ