相撲協会、全力士対象2度目の抗体検査終了…31日に秋場所開催方式協議

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は26日、全力士を対象とした新型コロナウイルスの感染歴を調べる2度目の抗体検査を終えた。定期健康診断に合わせて実施した。検査結果は後日まとまる予定。

 7月場所前に実施された前回の抗体検査では、検査を受けた協会員891人(力士以外を含む)のうち、陽性者は0・56%にあたる5人だった。相撲協会は31日に臨時理事会を開き、秋場所(9月13日初日・両国国技館)の開催方式などを協議する。

無断転載・複製を禁じます
1435042 0 大相撲 2020/08/26 21:00:00 2020/08/26 22:19:51 2020/08/26 22:19:51

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
入泉料割引
NEW
参考画像
ご利用料金割引
NEW
参考画像
3080円2464円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ