照ノ富士が前頭筆頭、関脇は大栄翔ら3人に…秋場所番付

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大相撲秋場所(9月13日初日・両国国技館)の番付が31日、日本相撲協会から発表された。再入幕した7月場所で復活優勝を果たした元大関の照ノ富士は、幕尻から東前頭筆頭に大きく番付を戻した。先場所小結で11勝を挙げた大栄翔が新関脇に昇進し、正代、御嶽海とともに関脇が3人となった。3関脇は2017年九州場所の御嶽海、嘉風、照ノ富士以来。遠藤は2場所ぶりに小結に復帰した。

 大関2場所目の朝乃山が初めて東の正大関となり、カド番を脱出した貴景勝は西に回った。元横綱朝青龍のおいに当たる21歳の豊昇龍ほうしょうりゅうが新入幕。元幕内で十両英乃海の弟、翔猿とびざるも新入幕を果たし、史上11組目の兄弟幕内となった。

スクラップは会員限定です

使い方
「スポーツ」の最新記事一覧
1443460 0 大相撲 2020/08/31 07:21:00 2020/08/31 10:43:26 2020/08/31 10:43:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)