読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

秋場所の開催決定、観客は上限2500人…たまり席には入れず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で理事会を開き、大相撲秋場所(9月13日初日、国技館)は7月場所同様に、観客の上限を2500人として開催することを決めた。

 新型コロナウイルス感染防止策として、先場所に続いて升席は1人で使用し、土俵に近いたまり席には観客を入れない。大声での声援は控えて拍手を推奨することや、館内禁酒も同じ。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「感染状況が変わっていない。上限5000人まで可能と言われているが、国技館では半分に当たるので難しい」と説明した。

 感染症対応ガイドラインも大枠は変えず、支度部屋では力士の間をアクリル板で仕切り、取組時以外はマスクの着用を求める。今場所前も出稽古は認めない方針。

 八角理事長(元横綱北勝海)は協会を通じ、「秋場所も引き続き感染防止策を強化し、お客さまが安心して、安全にご覧いただける環境を整えてまいります」との談話を出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1444826 0 大相撲 2020/08/31 16:34:00 2020/08/31 20:58:13 2020/08/31 20:58:13

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)