秋場所初日から両横綱休場も…調整遅れの鶴竜「体が全体的にできていない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 7月場所を右肘の靱帯じんたい損傷などのけがで途中休場した横綱鶴竜が9日、秋場所の出場可否を取組編成会議前日の10日にも判断する意向を明らかにした。調整遅れで相撲を取る稽古が再開できていないと明かし、電話での代表取材に「肘もそうだが、体が全体的にできていない」と厳しい現状を説明した。

 また、右膝半月板損傷などのけがで同じく先場所を途中休場した白鵬も調整が大幅に遅れており、秋場所は両横綱がともに初日から休場する可能性が出てきた。

無断転載・複製を禁じます
1465521 0 大相撲 2020/09/09 17:26:00 2020/09/09 17:51:10 2020/09/09 17:51:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ