一度感染したのに指針守らず外出、松ヶ根親方を謹慎処分

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本相撲協会は12日、二所ノ関部屋付きの松ヶ根親方(46)(元幕内玉力道)について、協会が定めた新型コロナウイルス感染防止対策の指針に違反したとして謹慎させると発表した。外出に関して違反があったといい、コンプライアンス委員会などが調査する。松ヶ根親方は8月上旬に新型コロナウイルスに感染して一時入院しており、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「1度陽性反応が出ているわけだから、自覚しないといけない」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1472858 0 大相撲 2020/09/12 18:13:00 2020/09/12 18:54:44 2020/09/12 18:54:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ