大関・貴景勝が2年ぶりV、優勝決定戦で照ノ富士下す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

優勝決定戦で照ノ富士(右)を下し、優勝を決めた貴景勝(22日、両国国技館で)=田中秀敏撮影
優勝決定戦で照ノ富士(右)を下し、優勝を決めた貴景勝(22日、両国国技館で)=田中秀敏撮影

 大相撲11月場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽を迎え、大関貴景勝(千賀ノ浦部屋)が2018年九州場所以来、2年ぶり2度目の優勝を果たした。1敗の単独首位で迎えた楽日、本割で1差で追う小結照ノ富士に敗れ、13勝2敗で並ばれたが、優勝決定戦を制した。

2年ぶり2度目の優勝を果たし、八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝(22日、両国国技館で)
2年ぶり2度目の優勝を果たし、八角理事長(右)から賜杯を受け取る貴景勝(22日、両国国技館で)

 大関の優勝は、17年初場所の稀勢の里以来となる。白鵬、鶴竜の両横綱が初日から休場し、朝乃山、正代の2大関も途中休場する異例の土俵で、一人大関としての責任を果たした。

 三賞は、敢闘賞に千代の国と志摩ノ海、技能賞に照ノ富士。殊勲賞は該当者がいなかった。

無断転載・複製を禁じます
1645428 0 大相撲 2020/11/22 17:51:00 2020/11/22 20:11:46 2020/11/22 20:11:46 優勝し、八角理事長から賜杯を受け取る貴景勝(22日、両国国技館で)=代表撮影(クレジットは不要とのこと。確認要)撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201122-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ