読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

横審、休場続く白鵬と鶴竜の両横綱に「注意」…「来場所は覚悟を決めて備えて」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オンラインで記者会見した芝田山広報部長(左)と横審の矢野委員長(日本相撲協会提供)
オンラインで記者会見した芝田山広報部長(左)と横審の矢野委員長(日本相撲協会提供)

 日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審=矢野弘典委員長)は23日、両国国技館で定例会合を開き、ともに11月場所を全休し、3場所連続休場となった白鵬関(35)と鶴竜関(35)の両横綱に対し、横審の内規に基づく「注意」を決議した。横審は成績不振や休場の多い横綱に対して「激励・注意・引退勧告」を決議できると内規で定めており、2番目に重い「注意」を決議したのは初めて。

 両横綱はともに直近12場所中、8場所を休場。この間、白鵬関は3度、鶴竜関は1度優勝したものの、記者会見した矢野委員長は「結果は別として、休みがあまりにも多い。横綱の責任を十分に果たしてきたとは言えない」と指摘した。激励より重い注意とした点については、「少し踏み込んだ判断をして、本人の自覚を促そうということ」と説明し、「覚悟を決めて備えてほしい」と来年1月の初場所への出場を強く求めた。

無断転載・複製を禁じます
1646910 0 大相撲 2020/11/23 18:16:00 2020/11/23 21:52:29 2020/11/23 21:52:29 オンラインで記者会見した芝田山広報部長(左)と横審の矢野委員長(日本相撲協会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/11/20201123-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
お買い上げ金額から10%OFF
NEW
参考画像
1ドリンクサービス(お一人様1杯)
NEW
参考画像
1,000円以上お買上げの方に「とうきび茶」プレゼント
NEW
参考画像
「ふぞろいの牛タン・切り落とし」一品プレゼント!
NEW
参考画像
ファーストドリンク一杯無料

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)