読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

綱取り目指す貴景勝、東の正大関に…初場所番付発表

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

両国国技館
両国国技館

 大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の番付が24日、日本相撲協会から発表された。11月場所優勝の貴景勝は先場所に続いて東の正大関に座り、横綱昇進を目指す。先場所を途中休場した正代と朝乃山はともに初の大関カド番。3場所連続休場で横綱審議委員会から「注意」を決議され、初場所での再起を目指す両横綱は、白鵬が東、鶴竜は西で変わらない。

 11月場所、小結で優勝同点だった元大関の照ノ富士は18場所ぶりに関脇に復帰。関脇で負け越した御嶽海が逆に小結へ転落した。新入幕は翠富士みどりふじで、静岡県出身では戦後5人目。明瀬山が2016年春場所以来、28場所ぶりに幕内へ返り咲いた。3場所出場停止処分中の阿炎は幕下へ転落した。

無断転載・複製を禁じます
1725294 0 大相撲 2020/12/24 07:22:00 2020/12/24 10:00:28 2020/12/24 10:00:28 両国国技館(東京五輪・ボクシング会場)。東京・墨田区で。2020年5月5日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/12/20201224-OYT1I50016-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)